株式投資 銘柄分析

【米国株投資】GoodRxについて【IPO銘柄分析】

2020年12月1日

株式投資

今回はGoodRxについて解説します。

GoodRxとは

GoodRxは、ユーザーが処方薬をより低価格で購入するための無料のアプリケーション(GoodRx)を提供しています。

このアプリで処方箋の名前を入れて検索すると、近くにある薬局が処方薬価格とともに表示されます。

ユーザーはその中から最低価格の薬局を選択してGoodRxコードをスマホに保存します。

そのコードを薬局に提示することで、低価格で処方薬を購入できます。

提示したコードは薬局のデータベースに記録されるため、追加の処方薬を割引価格で手に入れたい場合も、GoodRxコードを再度提示する必要はありません。

この流れでユーザーが処方薬を購入するごとに、パートナーであるPBM (Pharmacy Benefit Manager)から収益を得ています。(GoodRxのビジネスモデルの詳細はこちら)

ユーザーがGoodRxを使用する手順は次の動画の通りです。

出典:How GoodRx Works

2019年と2020年前半の実績では、GoodRxを使うことにより薬の定価の70%以上をユーザーは節約できました。

その他、以下のようなサービスも提供しています。

  • GoodRx Gold:月額サブスクリプションサービス。標準の定価から最大90%割引して処方薬を購入できる。
  • Telehealth:遠隔医療。オンラインにより診断と処方箋の提供を行う。

GoodRxの業績

GoodRxの業績を紹介します。

2018、2019年度の業績

2018、2019年度のそれぞれの業績を紹介します。

売上高

売上高は次の通りです。

2018年 2019年
2億4,952.2万ドル
3億8,822.4万ドル

営業利益

営業利益は次の通りです。

2018年 2019年
7,725.1万ドル
1億3,967.6万ドル

純利益

純利益は次の通りです。

2018年 2019年
4,379.3万ドル
6,604.8万ドル

EPS

EPSは次の通りです。

2018年 2019年
0.12ドル 0.18ドル

プロフォーマEPS

プロフォーマEPSは次の通りです。

2018年 2019年
0.18ドル

キャッシュフロー

キャッシュフローは次の通りです。

項目 2018年 2019年
営業キャッシュフロー 4,525.3万ドル
8,328.6万ドル
投資キャッシュフロー -345.8万ドル -3,705.5万ドル
財務キャッシュフロー -2,473.4万ドル
-5,478.1万ドル

営業キャッシュフローマージンは次の通りです。

2018年 2019年
18.1% 21.4%

四半期ごとの業績

四半期ごとの業績の推移を紹介します。

売上高・営業利益・純利益・調整EBITDA

売上高(Revenue)・営業利益(Operating income)・純利益(Net income)・調整EBITDAの推移は以下の通りです。

GoodRx-Revenue

Monthly Active Consumers

Monthly Active Consumersの推移は以下の通りです。

GoodRx-Monthly Active Consumers

Monthly Active Consumersとは

Monthly Active Consumersは、GoodRxコードを使用し、定価よりも安く処方薬を購入して費用を節約した月ごと(四半期の各月の平均)の一意のユーザー数です。

たとえば、GoodRxコードを1月に2回使用したが、2月または3月に処方箋を再度使用しなかったユーザーは、1月に1としてカウントされ、2月と3月の両方で0としてカウントされるため、Monthly Active Consumersに0.33が加えられます。

なお、2020年第3四半期のMonthly Active Consumersは490万人であると決算発表で報告されました。

その他の業績・参考サイト一覧

その他の業績・参考サイト一覧は次の記事にまとめています。

まとめ

今回はGoodRxについて解説しました。

私自身は、2020年11月現在GoodRxに投資をしています。

GoodRxが参入している市場の規模(TAM)は約8000億ドルと見積られており、これからもGoodRxの成長が期待できます。

しかし、現在COVID-19感染拡大によりアメリカの人々は外出を控えています。

GoodRxは基本的に外で使うアプリなので、GoodRxの売上に悪影響が出る可能性があります。

COVID-19の感染が収束するまでは人気が出ない銘柄かもしれません。


その他、株式投資に関するおすすめ書籍は以下となります。
良い時も悪い時も儲かる銘柄選択をするために
トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

-株式投資, 銘柄分析

© 2021 シラテブログ