株式投資 銘柄分析

【米国株投資】Palantirについて【IPO銘柄分析】

2021年1月7日

株式投資

今回はPalantirについて解説します。

Palantirとは

Palantirは、顧客がもつビッグデータの分析を行うソフトウェアを提供しています。

ビッグデータ分析の役割

顧客がもつ膨大なデータを分析して、犯罪事件の容疑者特定や購買行動の予測などの課題を解決することです。

ビッグデータ分析の説明としてよく挙げられる例は、「おむつとビールは同時に売れる」という分析です。

また、Palantirのソフトウェアは、以下のさまざまな環境で動かせます。

  • パブリック・プライベートクラウドネットワーク(AWS Public Cloud、AWS GovCloud、Microsoft Azureなど)
  • エアギャップ(インターネットなどから物理的に隔離された環境)
  • ラップトップPC
  • 専用ハードウェア

提供サービス

以下のサービスを提供しています。

Gotham

GOTHAM-GRAPH出典:sec.gov

Gothamは、ビッグデータを統合・分析するためのソフトウェアであり、防衛・諜報機関のアナリスト向けに2008年にリリースされました。

顧客がもつビッグデータを元に、さまざまな仮説を立案してデータセットの奥深くに隠された未知の関連・パターンを明らかにし、メンバー間で洞察を共有できます。

諜報活動(シグナルインテリジェンス)による情報源から機密情報提供者からのレポートまで、さまざまデータセットに対する分析ができます。

2020年現在、政府機関をはじめ、不正調査に関連する金融サービス業界の顧客などに使用されています。

Foundry

FOUNDRY-MONOCLE出典:sec.gov

Foundryは、ビッグデータを統合・分析するためのソフトウェアであり、商用向け顧客(民間企業や一部の政府)に2016年にリリースされました。

AI/ML機能を用いたマネーロンダリングの防止や国立衛生研究所(NIH)でのデータ分析など、様々な業界で利用されています。

以下のサイトでFoundryの使用例が紹介されています。

Apollo

Apollo

出典:Palantirブログ

GothamとFoundryのソフトウェアアップデートや初期設定などを、動作環境を問わず自動で実行・管理できるサービスです。

サービスの詳細はPalantirブログに記載されています。

ビジネスモデル

収益化の方法は以下となります。

  • サブスクリプション(クラウド・オンプレミス)
  • プロフェッショナルサービス

サブスクリプション契約では、Palantirソフトウェアとともに、継続的なO&M(オペレーション・メンテナンス)サービスを提供しています。

プロフェッショナルサービスでは、オンデマンドのユーザーサポートやトレーニングなど、顧客によるPalantirソフトウェアの使用をサポートします。

また、プロフェッショナルサービスはサブスクリプション契約の期間中に顧客の要求に応じて提供されます。

契約価格は、Palantirソフトウェアプラットフォームが顧客にもたらすと予想される価値に基づいてて算出しています。

契約期間は、通常、最長5年間の複数年にわたります。

顧客

Customer

出典:sec.gov

36の業界・150か国以上に政府機関や営利団体の顧客がいます。

2020年上半期の顧客数は125でした。

以下が顧客によるPalantirソフトウェアの利用例です。

Airbus:商用航空機プログラムをサポートするために2016年からPalantirソフトウェアを使用し、運用効率の向上と生産性の向上、航空機設計の改善を実現。

2017年には、Airbusとのパートナーシップを通じて航空業界向けプラットフォームを拡大し、2020年時点で世界中の100以上の航空会社と9,000機の航空機のデータを接続。

bp:石油およびガス生産のデータファブリックとしてPalantirソフトウェアを活用し、より多くの情報に基づいた運用上の決定を可能にし、生産資産全体の安全性と効率性をサポート。

Credit Suisse AG:Foundryを使用して金融市場やコンプライアンス(法令違反など)から発生するリスクを分析。

Danish National Police(デンマーク国家警察):放火、麻薬密輸、マネーロンダリングなどの犯罪捜査のため、複数のPolice Systemsから得た情報を分析。

FCA US LLC:Foundryを使用し、車両の製造・品質・安全性のイニシアチブをサポート。

Fiserv:金融業務におけるリスク管理、スマートプライシングの実現、顧客向けのデータ駆動型商品の開発を実施。

Merck KGaA:Merck KGaAのデータ統合(data integration)や高度な分析プラットフォームとしてPalantirソフトウェアを使用。

Scuderia Ferrari:Foundryを使用し、フェラーリエンジニアによるデータ駆動型のパフォーマンス分析を改善。

アメリカ合衆国国防総省:インテリジェンス分析(捜査手順の確立、仮説立案、犯罪傾向の予測など)にPalantirソフトウェアを使用。

例えば、潜在的な脅威を調査し、即席爆発装置から兵士を保護するためにGothamを使用。

ロサンゼルス市警:犯罪捜査においてPalantirソフトウェアを使用。

出典:Palantir YouTube Channel

なお、犯罪捜査では犯罪に関わりがないと思われる個人の情報まで使用しているとの指摘も出ており、波紋を呼んでいます

「中級コース」と「上級コース」の警察官向けの訓練文書には、警察が強力な法執行ツール「パランティア・ゴッサム」を使って、犯罪の目撃者や被害者から、犯罪が起きた地域に住んでいるだけの人まで、遭遇したすべての人の詳細な情報を収集し、保存する方法を教えられていることが示されている。

出典:axion

参入マーケット

INDUSTRY-EXPANSION

出典:sec.gov

2020年時点におけるPalantirが参入する市場の規模(TAM)は、商業部門と政府部門全体で約1,190億ドルと見積もられています。

見積もりの内訳は、商業部門は560億ドル、政府部門(米国、米国の同盟国、その他自由民主主義である国)は約630億ドルとなります。

Palantirの業績

REVENUE-OVER-TIME

Palantirの業績を紹介します。

2019、2020年度の6ヶ月間の業績

2019、2020年度の6月間(1/1〜6/30)のそれぞれの業績を紹介します。

売上高

売上高は次の通りです。

2019年(6ヶ月間) 2020年(6ヶ月間)
3億2,265.6万ドル
4億8,121.6万ドル

粗利益

粗利益(Gross profit)は次の通りです。

2019年(6ヶ月間) 2020年(6ヶ月間)
2億2,125.8万ドル
3億4,851.2万ドル

粗利益マージン(Gross margin)は次の通りです。

2019年(6ヶ月間) 2020年(6ヶ月間)
68.5% 72.4%

営業利益

営業利益は次の通りです。

2019年(6ヶ月間) 2020年(6ヶ月間)
-2億8,485.3万ドル
-1億6,933.0万ドル

純利益

純利益(Net loss attributable to common stockholders)は次の通りです。

2019年(6ヶ月間) 2020年(6ヶ月間)
-2億8,045.9万ドル
-1億6,472.9万ドル

EPS

EPSは次の通りです。

2019年(6ヶ月間) 2020年(6ヶ月間)
-0.49ドル -0.28ドル

プロフォーマEPS

プロフォーマEPSは次の通りです。

2019年(6ヶ月間) 2020年(6ヶ月間)
-0.12ドル

キャッシュフロー

キャッシュフローは次の通りです。

項目 2019年(6ヶ月間) 2020年(6ヶ月間)
営業キャッシュフロー -3億4,032.2万ドル
-2億2,633.0万ドル
投資キャッシュフロー -728.2万ドル -569.5万ドル
財務キャッシュフロー  9,972.1 万ドル 4億6,727.5万ドル

営業キャッシュフローマージンは次の通りです。

2019年(6ヶ月間) 2020年(6ヶ月間)
−105.4% −47.0%

四半期ごとの業績

四半期ごとの業績の推移を紹介します。

売上高・粗利益

売上高(Revenue)、粗利益(Gross profit)の推移は次の通りです。

Palantir-Revenue

営業利益・純利益

営業利益(Loss from operations)、純利益(Net loss)の推移は次の通りです。

Palantir-Net-loss

営業経費は次の通りです。

Palantir-Total-operating-expenses

貢献利益

貢献利益の推移は次の通りです。

Palantir-Contribution

投資におけるリスク

主なリスクは以下となります。

気になるリスク

  • 販売サイクルは長く、場合によっては12か月以上かかる。
  • 上位3社の顧客からの収益が全体の売上高の29%(2020年上半期)を占めている。
  • 米国や他国の政府機関の顧客が多いが、政府予算の減少・優先順位の変更が発生するとPalantirの売上に悪影響が出る。
  • Palantirは中国共産党と協力しない方針だが、他の競合他社が経済成長している中国でシェアを伸ばす可能性がある。

その他の業績・参考サイト一覧

その他の業績・参考サイト一覧は次の記事にまとめています。

まとめ

今回はPalantirについて解説しました。

売上高は設立の2008年から右肩上がりで伸びています。

米国の政府機関と長年信頼関係を築いているので、業績が即座に悪化する可能性は小さそうであり、投資対象としても魅力的です。


その他、株式投資に関するおすすめ書籍は以下となります。
良い時も悪い時も儲かる銘柄選択をするために
トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

-株式投資, 銘柄分析

© 2021 シラテブログ